北翔大学・北翔大学短期大学部(所在地:北海道江別市、学長:西村 弘行)と、株式会社シーエスイー
(本社:愛知県あま市、代表取締役社長:河本 正晴)は、平成29年6月23日に産学連携協定を締結しました。
これは、開発や新規事業の創生、人材交流、教育および人材育成等の分野で連携していくことを目的としたものです。
両者は以前より出席管理システムの協同開発を行っており、協定締結を機に、同システムの開発や技術および 人材交流などをさらに発展させていきます。
授業の出欠確認や集計作業には、教員や事務職員の業務負担が大きいだけでなく、代返をする学生や登録漏れなど多くの問題があります。
北翔大学ではこうした問題の解決の手段として、2013年度からICカードリーダー「Pit-21」を使用した出席管理システムを導入し検証を開始。
授業内で活用できる機能や学生指導を行う機能を取り入れたシステムの構築を目指し、同大事務職員を中心に株式会社シーエスイーと協同開発を行っています。
学生サービスの向上、教員の研究時間および学生指導時間の確保、教育の質的向上、授業内容の充実、職員の業務負担の軽減、代返防止を目指すとともに、利用者の操作性の容易さも考え開発しています。
このたび、このような学生・教育支援システムの開発や技術および人材交流、人材育成などを連携して推進する目的で、北翔大学と北翔大学短期大学部は株式会社シーエスイーと産学連携協定を締結いたしました、協定内容などの詳細は以下の通りです。
◆協定締結内容
【目的】※協定書抜粋
開発、新規事業の創生、人材交流、教育および人材育成等の分野で相互に連携協力し、科学技術の振興および産業と社会の発展に寄与する。
【連携事項】※協定書抜粋
・学生・教育支援システムに関すること
・広報および広報支援システムに関すること
・技術および人材交流に関すること
・人材育成に関すること
・その他産学連携に関して必要と認める事項

◆協定締結後の取り組み
・広く教育機関へ導入してもらうことで、事務的業務の精度向上ならびに時間の軽減をはかる。教員の研究時間の確保にもつながる。
・厳格な出席管理のみならず、授業で活用できる機能の強化および授業支援機能と連携した、成績評価につながるシステムの開発を目指す。
・オープンキャンパスでの活用など、広く教育機関で利用できる利便性の高い新しいシステムの開発を目指す。


関連企業・団体


  • 株式会社シーエスイー